トピックス

【AI予想】いわき平ナイターで高額的中しました

高額的中報告です。

AI予想にて、24万円を超える高額配当的中がありましたのでお知らせします。

2019年9月28日(土)いわき平競輪ナイター

3レース 3連単 5-6-3 243,680円 AIエンジンType.S

直近の高配当的中ランキングはこちらからご覧になれます。
↓↓↓

直近のAIcast的中高配当ランキング

 

車券の購入は20歳になってから。競輪・オートレースは適度に楽しみましょう。

[競輪]

未成年者は、自転車競技法により車券(勝車投票券)を購入したり、 譲り受けてはならないことになっています。

※自転車競技法抜粋
第9条 未成年者は、車券を購入し、又は譲り受けてはならない。
————————————————
いわゆる「ギャンブル依存症」のご相談については、以下までお問い合わせください。

公益財団法人 JKA お客様相談コーナー
電話番号:03-3239-9420(電話受付時間:平日10:00-17:00)
メール:webmaster@keirin-autorace.or.jp


[オートレース]

未成年者は、小型自動車競走法により車券(勝車投票券)を購入したり、 譲り受けてはならないことになっています。

※小型自動車競走法抜粋
第13条 未成年者は、勝車投票券を購入し、又は譲り受けてはならない。
————————————————
のめり込みに不安のある方のご相談については、以下までお問い合わせください。

公益財団法人JKA お客様相談コーナー
電話番号:03-4226-3519(電話受付時間:平日10:00-17:00)
メール:webmaster@autorace.jp

京都向日町競輪場G3​ 平安賞『そうだ、競輪場へ行こう。』

そうだ、競輪場へ行こう。

いよいよ開幕!向日町記念!

先日迄行われていた岐阜記念。
決勝の並びは
浅井-志智-金子貴の中部ライン3車
太田竜-桑原の四国中国ライン
南修-畑段の近畿ライン
小松崎-佐々木雄の北日本ラインと細かく分かれての戦いとなった。
展開はジャンで主導権を握った太田竜。
3番手に小松崎が入り、佐々木雄を南修が捌き4番手。
後方に置かれた浅井がバック手前で仕掛ける。
4コーナーを回り番手絶好かと思われた桑原であったが
太田竜が堂々と先行押切りを決めて岐阜記念を制覇した。
しっかりマーク追走した桑原が2着。
地元の意地で大外踏んで来た志智が3着となった。
下期調子を崩していた太田竜だが
岐阜記念を起爆剤にして次節の寬仁親王牌で初タイトルを狙う。

中2日で開催されるのはこちら!

開設69周年記念(G3)
『平安賞』
2019年9/26〜29の四日間
京都向日町競輪場にて開催される。

欠場組は
村上博幸、宮本隼輔、山口富生等が欠場し
追加組は
木暮安由、原田研太郎、海老根恵太等10選手が追加斡旋されている。

SSからは只一人。
地元記念制覇を誓う魂の走り村上義弘(京都)
前々節のオールスターでは、3連対無しの苦しい戦いが続いたが
前節の共同通信社杯では、準決勝敗退ながら
3着、3着、4着、2着と1着は無かったが着をまとめた。
5月の宇都宮記念優勝以来、元気が無い印象に映ってしまうが
地元記念での奮起をファンは待ち望んでいる。
2014年以来の向日町記念制覇を狙う。
優勝候補筆頭。

現在、賞金ランキング3位の佐藤慎太郎(福島)
賞金でのGP出走当確の佐藤慎。
今、競輪界で乗りに乗れている男。
7場所連続優出に、西武園記念決勝2着、オールスター決勝2着、前節共同通信社杯決勝2着。
車券貢献度ナンバーワン。
2006年以来のGP前にもファンの期待に応えてくれるのは間違いない。
今節も決勝に乗って来るのか。
寬仁親王牌前の向日町記念でも好走を魅せる。

現在、賞金ランキング7位の郡司浩平(神奈川)
賞金上乗せ必須の郡司。
初GPへ近況うなぎ上りに調子を上げている。
オールスターでは優出し決勝7着。
小田原記念では二次予選から三連勝で優勝。
前回、共同通信社杯決勝では単騎ながら平原、渡邉一を寄せ付けない捲りで優勝。
怪我明け4場所目の今節。
佐藤慎同様に絶好調の郡司が向日町バンクを湧かせる。

村上博幸欠場ながら、鉄壁の向日町勢を御紹介。

まず、前回の向日町記念覇者の藤木裕(京都)
涙の完全復活優勝から一年。
昨年覇者は向日町記念に合わせたかの様に調子を上げている。
川崎記念優出に、前節高知F1準決勝では中団確保から早めな仕掛けでバックを獲り長い距離を踏んでの1着。
決勝では、踏むコース無く6着に終わったが自力も番手も出来る脚質は健在。
生きの良い近畿若手勢が藤木を勝利に誘う。
連覇なるかどうか。

京都の若頭、2016年覇者の稲垣裕之(京都)
小田原記念では久々の優出。
前節の共同通信社では、予選敗退に泣いたが二日目、三日目と3着で見せ場は作った。
藤木同様、自力はまだまだ健在。
村上義、稲垣、藤木で決勝を戦えるか。
円熟味増す、相性抜群のホームバンクで今年初記念優勝を狙う。

まだまだ居る京都勢。
大大ベテランの酒井耕介(京都)に、若手期待の中野雄喜(京都)
55歳にしてS級で戦う重鎮酒井。
近況勝ち上がりに苦戦しているものの、一般戦では連絡みも果たしている。
まだまだ戦えるベテランの走りを刮目したい。

S級の壁に苦しんでいる中野。
積極的な競走はしているが結果は残せていない。
これから京都を先導していく自力型が、地元記念初出走で名前を売りブレイクする。
一次予選に注目が集まる。

いよいよ始まる京都向日町記念の平安賞。
そうだ、競輪場へ行こう。
京都観光に、京都向日町競輪場観光。
今週末の予定は決まった。

(記 京凛敬三)