トピックス

大垣競輪場G3​ 水都大垣杯『目指せ頂点!熱い名勝負!』

 

目指せ頂点!熱い名勝負!

サマーナイトフェスティバルの熱気冷めやらぬ中
20日(土)から、いよいよ大垣記念が開幕!

大垣競輪開設67周年記念
水都大垣杯(G3)
令和元年7/20〜23の四日間
岐阜県大垣競輪場にて開催される。

欠場組は
竹内雄作、三谷将太、大塚健一郎等が欠場となり
追加組は
和田健太郎、山田英明、香川雄介等6選手が追加斡旋となった。

SSからは3選手。
平原康多(埼玉)、浅井康太(三重)、村上博幸(京都)の3選手。

平原は、前節サマーナイトでは準決勝、木暮の番手戦から自力発動しての1着で優出。
決勝では、吉田拓の先行、番手で絶好かと思われたが松浦のカマシと牽制に合い踏むコースなく7着に終わった。
3場所連続優出と調子は依然良好。
今節の大垣記念を盛り上げてくれるのは間違いない。

浅井は、前前節の小松島記念準決勝で3着到達も失格に。
前節のサマーナイト準決勝では、大外を回されての捲り不発に終わった。
最終日特選では、太田竜の番手で人気を集めたが、踏み出しに口が空くシーンも見られての4着と連対なしに終わった。
中部地区記念で修正を図り、地元勢を牽引する。

村上博は、前回大垣記念覇者。
前節のサマーナイトでは優勝。
渡邉雄の番手で迎えた決勝。
吉田拓と、松浦の壮絶なもがき合いが続き、中川の一捲りと思われたがその仕掛けをブロックし
渡邉雄の仕掛けに乗り、直線鋭く伸びてのサマーナイト制覇。
10万車券の立役者となった。
今年に入り記念優勝は、松阪記念と奈良記念の2回。
3回目の記念制覇と大垣記念連覇を狙う。

追加で斡旋された和田健太郎(千葉)
前節、川崎F1では完全優勝を飾った和田。
決勝では、堀内俊-小原太の3番手からの組み立てになったが
直線空いたコースを突っ込んでの優勝。
中4日と間隔は詰まっているが
伸びの良さが光っているだけに久々の記念制覇に動く。

113期から注目の2選手。
宮本隼輔(山口)と森田優弥(埼玉)
競輪界に新風を巻き起こしている113期。

宮本は、ルーキーチャンピオンを制覇し
近況4場所は全てバックを獲る競走で4連続優出に、2回の優勝。
前節、地元防府F1決勝では、他のラインを突き放しラインワンツースリーを演出。
才迫開の優勝に貢献する圧倒的な先行力を披露した。
同県の先輩である清水裕と中国勢を盛り立てている。
記念初優勝なるか。

森田は、前節小松島F1でS級初優勝。
決勝では、2車でも果敢に先行し
松本貴、伊藤信の捲りも許さず堂々押切りの優勝。
徐々に頭角を現している森田。
伊東国際トラックG3決勝では、ブフリの仕掛けに屈したが真っ向勝負でファンを湧かした。
宮本同様、記念優勝なるか。
同期対決にも期待したい。

地元岐阜勢からは
山口富生(岐阜)、松岡篤哉(岐阜)、冨岡健一(岐阜)、原真司(岐阜)、上田隼(岐阜)、長尾拳太(岐阜)の6選手が登場。

岐阜、大垣の司令塔山口富。
長年、第一線で活躍し続ける49歳。
前前節の高松宮記念杯西準決勝では
バック9番手の苦しい展開から
コースを見付けながら、燻し銀の走りで3着。
あと一歩のところで、久々のG1優出を逃したが
ベテラン健在を存分に発揮してくれた。
2010年振りの地元ホームバンク制覇を目指す。

近況、捲りの決まり手も増えているが
ペースで駆ければゴール前までの粘り腰が信条の松岡篤。
以前よりも積極的な競走で中部勢を引っ張っている長尾。
ベテラン冨岡に、縦脚切れる原真、欠場明け2場所目の上田隼が地元記念で穴を開ける。

いよいよ始まる水都大垣杯。
目指せ頂点!熱い名勝負!
大垣城を眺めながら、湧水を巡り、水の都を散策する。
そんな心の余裕が当たり車券を呼び込む、と信じたい。

(記 京凛敬三)

 

競輪AI予想会inサテライト成田のお知らせ

サテライト成田にて競輪AI予想会を行います。

日時 7月28日(日)13時40分頃から

場所 サテライト成田 千葉県山武郡芝山町岩山1411番地

内容 落語家 柳家禽太夫さんと弥彦記念最終日(8~12レース)の予想会

皆様のお越しをお待ちしております。

別府競輪場G2​ サマーナイトフェスティバル『ココロ、沸かせ!』

 

ココロ、沸かせ!
鼓動が高鳴り、魂が震える。
己を信じ、夏の夜を駆け抜ける。

第15回
サマーナイトフェスティバル(G2)
GIRL’S KEIRIN FESTIVAL 2019
2019年7/13〜15の三日間
大分県別府競輪場にて開催される。

下半期に入り初の特別競輪。
夜王を決める、サマーナイトフェスティバルがいよいよ始まる。
6月から新ルールも導入され、新人選手デビューに、113期フィーバーも相まって更に盛り上げを魅せる競輪界。
7月の記念一発目小松島記念では、地元太田竜馬が全てバックを獲る圧倒的に強い競走で完全優勝を飾った。
若手の目覚ましい台頭で、群雄割拠の様相を呈する。
今節はどんな戦いが繰り広げられるのか。

欠場組は
郡司浩平、三谷将太、武田豊樹が負傷欠場で
追加組は
林雄一、白戸淳太郎、山岸佳太の3選手が追加斡旋されている。

豪華ラインナップ揃い踏みの中
SSからは
新田祐大、脇本雄太のナショナルチームの2選手と武田豊樹を除く6選手が登場。

競走得点トップの平原康多(埼玉)
久々の記念制覇で意気揚々と別府に乗り込む平原。
前節の久留米記念決勝、杉森輝の先行から番手発進しての危なげない優勝。
年間通しての安定感は競輪界ナンバーワン。
37歳になり円熟味を増している。
埼玉から若手自力型の植原も順調に育っているだけに心強い。
関東を牽引し続ける。
優勝候補筆頭。

函館記念では連絡みなしに終わった清水裕友(山口)
『近況の中で一番調子が悪い。』と、コメントしていた清水。
前節、函館記念ではコメント通り9着、4着、5着、9着と悔しい結果に終わった。
小松島記念を欠場し、サマーナイトに照準を合わせての今節。
粘り強い仕掛けと前々勝負出来る逸材が今節は見せ場を作る。

真価問われるダービー王、GP王の三谷竜生(奈良)
前前節、久留米記念で久々の優出で復調をアピールしていたが
前節、小松島記念二次予選では落車し、何かとお騒がせの三谷。
注目されるのはスターの証。
今後、競走での影響が懸念されるが
勝負強い走りでファンを安心させてくれる事を願う。

前節オール3連対の簗田一輝(静岡)
徐々に頭角を現している簗田。
今年に入り、地元静岡F1で優勝。
松阪F1、小松島記念と連続優出。
前節、小松島記念決勝では、太田竜と久米康の中割って記念初優勝にあと一歩の準優勝。
どんなレースにも適応出来る競走スタイルは魅力。
初特別競輪制覇なるかどうか。

ベテランの域に入り輝き増す中川誠一郎(熊本)
全日本選抜競輪、高松宮記念杯競輪と本年日本のタイトルを獲っている中川。
追込み宣言をしても尚、自力の強さと存在感を示している。
前節、久留米記念準決勝では取鳥雄の仕掛けに乗り人気に応えて1着。
決勝では、山崎賢が出切れず共倒れの5着になったが、寡黙で実直な中川の前で駆ける若手は多い。

地元、大分からは只一人の登場となった大塚健一郎(大分)
別府サマーナイトで気合いが入る大塚。
四月の四日市初日特選、南潤の番手で椎木尾と壮絶な競りをして落車失格。
欠場後、復帰戦に選んだ今節。
度重なる怪我から復帰し、追込み屋として築き上げた職人技は一級品。
ラインをサポートし、コースを抉じ開け突っ込み大塚の勇姿に期待したい。

そして
ガールズケイリンフェスティバルも同時開催。
初日はガールズ予選1(4〜6R)
二日目はガールズ予選2(4〜6R)
最終日の決勝は11Rとなっている。
昨年度覇者の石井寛子(東京)
昨年GGP覇者の児玉碧衣(福岡)
今年優勝7回の石井貴子(千葉)に
初GGPを狙う梅川風子(東京)に佐藤水菜(神奈川)ど豪華メンバー勢揃いとなった。
予選から目が離せない。

いよいよサマーナイトフェスティバル開幕。
昼開催とは一味も二味も違うナイター開催。
夜の王者と、夜の女王を当てるのは貴方です。

(記 京凛敬三)